ファスティングをすると起こる「好転反応」とは?

ファスティングをする上で、多くの方が悩んでいるのが、

ファスティング中に起こる頭痛や吐き気などの症状です。

 

ネットや知識の浅い方は、それは「好転反応」だよ。と

あいまいな答えしかくれません。

 

 

確かに、体がこれまでの習慣を求めている分、

拒絶反応を起こしているのがこの症状なんですけど、

なぜ、この反応が起こるのかが気になりますよね?

 

できれば、つらい思いをせずにファスティングをしてほしい。

 

 

では、原因はなんなのか?

 

いくつか、原因は考えられます。

 

1、カフェインやグルテン(小麦)を抜いたことによる離脱症状

これらは中毒のようなもので、普段コーヒーなどを飲む方は、

癖でコーヒーを飲まないといけない体になっています。

この解決は時間経過が一番無難ですので、耐えるか、

ファスティングの前1週間程度は、コーヒーなどを控える(減らす)

ことをオススメします。

 

 

2、低血糖による頭痛

ファスティング中は糖質摂取量が低いことで、低血糖状態になり

頭がフラフラ、力も出ないという状態に陥ることがあります。

 

私たちの体は、本来、血糖値がさがると血糖値を上げるためのホルモンが

働き血糖値を上げようとします。

 

ところが、普段から糖質の高い食事や食べすぎの方は、血糖値が下がる

ということがないため、血糖値を上げようという働きが低下し、

いざ必要な時に働きにくくなっています。

 

そのため、急に低血糖状態に陥った際に体がパニックになって

頭痛や吐き気といった症状になります。

 

この解決方法は、「糖をとる」のがよいのですが、砂糖はぜったいだめです!!

ですので、ここでは、ミネラルも一緒に摂れる「発酵酵素ドリンク」を

オススメします。

 

3、添加物による頭痛

添加物の蓄積によって、体内で炎症を引き起こすホルモンが

過剰に働くことにより頭痛を引き起こします。

 

 

私たちは、普段から多くの添加物を摂取しています。

添加物の処理能力は人それぞれですが、普段は消化に酵素を多く消費しているq