ダイエットメニューとホメオスタシスについて

ダイエットのためにと、食事メニューから脂質を抜いたり、

カロリーを極端に少なくする人もいますが、

脂質ゼロの食事は逆に体にはよくありません。

具合を悪くしてしまうと、ダイエットを思うように

進められなくなってしまいます。栄養の偏りが大きいメニューは、

その時は体重を落とすことができても、結果的に悪影響になったりします。

 

ダイエットがうまくいかない理由が、

極端に食事制限にあったという人もいます。

 

うかつに分量を減らし過ぎるようなダイエットはやめましょう

食事の内容を一品メニューにするという方法もありますが、

ダイエットにはプラスに作用しないこともあります。

 

ダイエットについての知識を持たず、ただ漫然と食事を少なくしていると、

リバウンドの温床になります。

 

ダイエットをする前よりも、結果として、

体重が多くなってしまったという話も珍しくありません。

 

いくらダイエットのためとはいえ、たんぱく質や脂質を減らし過ぎたり、

カロリー摂取量の少ない食事を続けていると、

体の具合を悪くしてしまうことは決して珍しくはありません。

 

人間の体は、極端に食事の摂取量を減らしすぎていると、

体の状態を一定に保つためにホメオスタシスという作用が働くため、

体重が減りにくくなってしまいます。

 

環境が急変しても体調を維持できるように働くものがホメオスタシスで、

何らかのトラブルで食事ができなくなった時などに作用します。

 

ダイエットのために食事を減らしたのに、問題が起きていると判断すると

体はエネルギー消費を節約します。

 

カロリーの消費スピードを抑えることで長く生きられるように工夫をします。

ダイエットにより食事を減らしても、ホメオスタシスが作用すれば、

少ないカロリーで生きていける省エネ状態になります。

 

カロリー制限をしているのに体重は一向に減らず、

食べるとすぐリバウンドするという体になります。

 

ダイエットをしている時の食事メニューを考案する場合、

ホメオスタシスが機能しすぎないようにすることが重要になっています。

カロリー量を制限しながら、ビタミンやミネラル、

脂質や糖質もしっかりと摂取することが、ダイエットメニューでは大切です。